2020年7月:2019年、ENUIT®は、多国籍のクロスコモディティトレーディング会社に選択されたCTRMベンダーとして選ばれました。計画と実装の段階で、お客様はENUIT®に、エンタープライズリソースプランニングに関連するすべての側面を含む、ビジネス全体をフロントからバックまでサポートする機能をコアENTRADE®システムに組み込むよう依頼しました。

コモディティ取引リスク管理システムのすべての側面とエンタープライズリソースプランニングソリューションのすべての側面を、面倒なモジュールなしで単一のプラットフォームに直接組み込む数少ないソリューションの1つであるENTRADE® Uniteが作成されました。あるシステムから別のシステムへの統合とマッピングを可能にします。

ENTRADE® Uniteは、市場参加者の可視性、分析、洞察、意思決定の向上という形で大きなメリットをもたらす可能性があります。

ENTRADE® Unitのユーザーにとっての主なメリットは何ですか?

ENTRADE® CTRMは、この分野の主要なソリューションとしてすでに広く受け入れられています。特に、すべてのコモディティ、すべての機能、すべてのユーザーを1つのプラットフォームにおいて1か所でサポートできることが実証されている数少ないシステムの1つだからです。

フロントオフィスの場合、ディールとトレード取引タイプは、複雑なコモディティ取引トランザクションを処理するようにすばやく構成でき、各取引タイプのリスクプロファイルに従ってリスクを自動的に分解します。各トランザクションタイプは、ENTRADE®のすべての部分に自動的に統合されます。― コーディングの必要はありません。トランザクションは、即座に評価、決済、スケジュール、請求、確認、課税、ヘッジ、分析することができます。

ミドルオフィスの場合、ENTRADE®を使用すると、在庫量、コストの集計、バリューアットリスク、付随コスト、製品の品質などすべてを追跡し、そのデータをそれぞれの取引相手、契約、ポートフォリオに関連付けることができます。

また、バックオフィスの場合、ENTRADE®は、関連するすべてのフィーとコストを含む請求書と送金明細書を生成します。総勘定元帳コードを保存し、仕訳を生成して総勘定元帳システムに直接転記できます。

ENTRADE® Uniteは、取引組織のサプライチェーンのニーズをサポート出来る統合ソリューションを作成し、企業に取引およびリスクデータをサプライチェーン機能と統合する機会を提供します。

主な機能は次のとおりです。

取引の取得と記録。物理的な商品の動きをスケジュールする。プライマリーおよびセカンダリコストの追跡。在庫レベルとコストの監視。取引量の実現。取引の評価。決済金額の計算。請求書の生成。ビジネスおよび市場リスクの監視。処理管理とビジネスのあらゆる側面に役立つレポートとデータウェアハウスの提供。

次のような比類のないレポート機能を備えています。

体積ポジション。 PNLアトリビューション。在庫。保管、輸送中、エクスチェンジ、プロセッシング。推定および実際の量とコスト計算。輸送ドキュメント。取引確認書と契約。買掛金および売掛金。市場リスクエクスポージャー。時価計算。“ギリシャ語”を使用したオプション価格モデルとバリューアットリスク

ENTRADE® Uniteは、バリューチェーン全体の完全なエンドツーエンドの可視性を提供します。

•組織の資産ネットワークによって生み出される在庫とそれに関連するコスト、市場リスク、および機会の透明性

•企業の商品取引からデータを掘り下げて、高品質の詳細な分析と洞察を可能にする機能

•CTRMシステムで従来から見られるデータとERPソリューションで一般的に見られるデータを統合する統合データソース。

ENTRADE® Uniteの詳細については、下記からダウンロードしてください。

DOWNLOAD ENUIT COMMODITY MANAGMENT WHITE PAPER